CONCEPT

福井県・越前市に、
音楽に包まれる村をつくります。

福井県・越前市に、1日限定で音楽に包まれる村をつくります。

世界中が新型コロナウィルスの影響を受ける中、
サバエノニワという無料音楽イベントを開催してきた
私たちだからこそ、地域のためにできることはなにか。

沢山のイベントが自粛される中、
地域に関わりをもつアーティストが参加し、
安全性に最大限考慮した上で、キャンプを中心とした
屋外イベントを開催することを決定いたしました。

表現者が地域に根ざし、今できることを持ち寄って何ができるのか?
地域、都市が繋がり、
新たな出会いやきっかけを生む場になることを強く願います。

SAFETY FOR ENJOYMENT

  • CAMP

    キャンプのみの実施

  • SOCIAL DISTANCE

    客席は2m以上
    間隔を開けます

  • SANITIZATION

    衛生面の徹底

INFORMATION

2018.08.20
チケットの販売を開始いたしました

2020920日 (日)
AM11時~翌朝まで

福井県 越前市
八ッ杉森林学習センターACCESS

入場券 6,000
(お1人様 / 税込)

入場チケットの購入 ※購入必須

TICKET

入場チケットは必須で購入が必要です。
テントサイト券など各種チケットは、
下記申込みフォームよりお申し込みください

  • 限定20枚

    01.広場テントサイトと駐車場(1台分)
    が利用可

    6,500

    全20区画 1区画約5m×5m 3~5人用
    1区画につき1台分駐車場付き
    広場の専用駐車場に駐車
    事前の区画選びは不可・区画は来場順

  • 限定6棟

    02.コテージと駐車場(1台分)
    が利用可

    6,500

    全6棟 1棟約6畳(定員4名)
    1棟につき1台分駐車場付き
    棟の場所は来場順
    設備:コンセント(小容量)と電球のみ
    電熱器具の利用不可
    寝袋持参でお願いします

  • 販売数20枚

    03.フリーテントサイトと駐車場(1台分)
    が利用可

    4,500

    販売数20枚
    1区画約4m×3m 2~3人用
    駐車付きチケットの場合1台駐車可
    区画配置はありませんので、
    フリーエリア内にて譲り合いながら利用をお願いします。

  • 販売数10枚

    04.フリーテントサイトのみ利用
    (駐車場なし)

    3,000

    販売数10枚
    1区画約4m×3m 2~3人用
    区画配置はありませんので、
    フリーエリア内にて譲り合いながら利用をお願いします。

  • 先着100名

    05.送迎バスチケット1名分
    が利用可

    1,500

    送迎バスは20日の行き1便、帰り2便、21日の帰り1便です。

  • 先着50名

    06.クラフトサウナチケット

    1,500

    ステージ近くに7基のテントサウナが設置され、音楽を聴きながらサウナで整うことができます!

CONTENTS

SAUNA

ステージ近くに7基のテントサウナが設置され、音楽を聴きながらサウナで整うことができます! 密を避けるため、1度にサウナ内に入るのは定員2名限定。更衣室・シャワーもご用意しております。参加希望の方は、水着・タオルをご持参ください。

FOOD

食堂 / ジブン食堂 / カレー屋さん / Pangaea / 酒場中野商店 / 料理色々 惣so / 喫茶店 オオヤコーヒー

ARTISTS

  • fox capture plan

    fox capture plan

    現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目 指し、それぞれ違う個性を持つバンドで活動する 3 人が集まり 2011 年結成。過去 7 枚のフル・アルバム 、
    CD ショップ大賞 ジャズ部門賞” など数々の賞を受賞。
    FUJI ROCK FESTIVAL ’ 16 ” 、 2017 年 “ SUMMER SO NIC 2017 ”、 2018 年ブルーノート東京での単独 2DAYS 公 演を果たす他、3回に及ぶ中国ツアーなど海外公演も積極的に行っている。2019 年 11 月・ 12 月にはビルボ ードライブ東京・大阪、名古屋ブルーノートでの単独公演を敢行。楽曲制作では、 TBS ドラマ「カルテッ ト」を始め、ドラマ、アニメの劇伴音楽を担当。月 9 ドラマの劇場版「コンフィデンスマン JP プリンセス編」は大ヒット公開中 。その他 CM やゲームなど多方面へ楽曲を提供している。

  • JABBERLOOP

    JABBERLOOP

    東京を拠点に活動するインストバンド。
    オリジナリティ溢れる音楽性を持ち、海外、野外フェス、ジャズクラブなど幅広い範囲でのライブ活動を行っている。
    印象的なメロディーを持つ楽曲が多く、多方面で評価される。(CMタイアップ、プロダンサーが使用、ダンスコンテストでの定番曲、テレビやラジオでの高い使用率、高校野球の応援曲、吹奏楽やエレクトーンでのカバー演奏など様々)

  • BLU-SWING

    BLU-SWING

    サウンドクリエーター、ボーカリスト、プレイヤーを含む5人組のバンドである。
    2008年にアルバム「Revision」でメジャーデビュー。このアルバムは主要レコード店においてクラブチャート1位、Jポップチャート3位を記録。国内外問わずライブアルバム、プロデュースワーク等、複数の作品をリリース。
    リミックスアルバム「ARRIVAL」(2014)、ベストアルバム「SKY IS THE LIMIT」(2015)は、iTunes JAZZチャートアルバム1位を獲得。韓国やベトナムをはじめアジアでのジャパンフェスティバルへの出演や、ロンドン・ロイヤル・オペラハウスのコンサートマスター“ヴァスコ・ヴァッシレフ”のバックバンドを務めるなど国際的な活動でも知られている。

  • sozoro座mode

    sozoro座mode

    愛知豊橋発!変幻自在のインストゥルメンタルバンド。
    ハードコアバンドを組んでいたメンバーが中心となり、2012年結成。ハードコアシーンで育った彼らが行き着いた楽曲は、ダンス、ジャズ、ラテン、カントリーなど、様々なジャンルの音楽を取り入れ、やはりバックボーンにはハードコアが軸にあることを感じさせる新しい音楽を作り上げた。
    リアルアンダーグラウンド上がりの彼らだからこそ生まれるハイセンスな楽曲は、ライブシーンのみならず、クラブシーンやレイブ系の野外パーティーからの支持も高く、各シーンで引っ張りだこ状態が続いている。

  • The Hey Song

    The Hey Song

    Bass落合"キット"慶太、Piano芝田育代によるインストゥルメンタルバンド。
    2015年より本格的に始動。2019年ビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。映画音楽に影響を受け「日常を映画のワンシーンに」をテーマにしたバンド。サポートメンバーにギター・ドラムを迎えライブ展開。
    ADAM at、伊藤隆郎(TRI4TH)、橋本孝太も参加。楽しくも映画を見ているような音楽にライブ中涙するファンも多数。
    メジャーデビュー作1st mini album「seed」がTOWER RECORDS JAZZチャートデイリー1位&ウィークリー2位を獲得、iTunesStore JAZZアルバムチャートでは1位を獲得。Apple Musicやマクドナルドの店内BGMの公式プレイリストに選曲される。

  • YoYo the“Pianoman”

    YoYo the“Pianoman”

    2003年、SOFFet(ソッフェ)としてメジャーデビュー。アーティストとしての活動の傍ら、SMAPへの詩曲提供、CHEMISTRYへの詩提供、松下奈緒最新アルバム『Syncro』へ作詞・編曲・ピアノとして参加する等、他アーティストへの楽曲提供や編曲・サウンドプロデュース、ピアノ演奏での参加なども数多く行う。
    2018年末、ピアニストYoYo the “Pianoman” としてレーベルPlaywrightより待望のDebut Album『O.G Swing』をリリースし、6都市7公演のリリース記念ライブツアーを敢行。2020年4月、JAZZ AUDITORIA ONLINEへ出演。

  • ARTOWN BAND

    ARTOWN BAND

    ARTOWN BAND は「5人の音楽家+1人のカメラマン」からなる、セッション型・芸術音楽集団です。 民族音楽を取り入れながら、生演奏に映像をリンクさせるスタイルで、地元豊橋中心に活動しています。

  • bud&harbor

    bud&harbor

    • twitter
    • instagram

    下田仁(Gt&Vo)、鈴木悠平(Ba)、金崎由名来(Dr)による3ピースバンド。
    作詞作曲を担当している下田仁の色気を含みつつもどこかセンチメンタルな憂いを帯びた歌声に、ぬけ感のあるエモーショナルなメロディーと、ロックをベースにしたサウンドが重なり、シンプルかつ味のあるグルーブ感がクセになる。

  • 蔡忠浩 (bonobos)

    蔡忠浩 (bonobos)

    1975年産まれ、関西出身。
    bonobosのボーカル&ギターで作詞曲担当でもある。
    酸いも甘いも、多少包み隠しながら書く、人間味のある歌詞と、言葉にならない気持ちを音に変換させ、音楽を作り、奏でる。
    ここ数年はバンドやソロ活動の枠を越え、舞台の音楽監督や映像への音楽提供なども行う。

  • 長谷川健一

    長谷川健一

    2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。 2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。 歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。 京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。 2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。 同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。 2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。 「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。 12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。 2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。 2020年、5年ぶりとなるアルバム『太陽の汗』『月の涙』を2作同時リリース。

  • Ohgoshi Yuka BAND

    Ohgoshi Yuka BAND

    • facebook
    • twitter

    鯖江市出身のシンガーソングライター。独自の世界観を持ち、時代に囚われない空気感を持つ歌い手。歌として本来持つ"言霊と音"を自身の色として表現している。 ジャンルにこだわらず多ジャンルな次世代のシンガーとして注目されている。今回はdrにLITEの山本晃紀pfにYoYo the "Pianoman"を迎えてのバンド編成です。

  • Tago&Magos

    Tago&Magos

    2016年福井県で結成。
    様々な音楽に影響を受け、結果的に90年代グラスゴーのインディロックっぽくなった男女4人組。
    インディロックファンの耳にひっかかるギターサウンドとメロディに、日本海側的ネクラ感も覗かせるギターポップバンド。

    過去の主な出演
    2019年5月 京都のサーキットフェス「いつまでも世界は…第八回」
    2019年9月 tsumugu×東郷清丸「Q曲」リリースツアー「超ドQ」福井編
    2019年9月 長野県松本市「りんご音楽祭」

  • Masaki Tamura (Do it JAZZ!)

    Masaki Tamura (Do it JAZZ!)

    • twitter
    • instagram

    DJ / Architecture Designer。
    2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、13年目を迎える京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行う。LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル・ラウンジ・レストランの音楽設計・サウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍。

TIME TABLE

タイムテーブル

ACCESS

会場住所

越前市八ッ杉森林学習センター
福井県越前市別印町19-1-1

https://www.jigyodan-city-echizen.jp/yatsusugi

注意事項

  • テントサイト、駐車場、送迎バスは有料です。
  • ご利用の方は必ずチケットを事前に予約フォームからご予約ください。
  • お車の方は会場の受付にて、バスの方は乗車の際に係員に受付後お支払いをお願いいたします。
  • ご予約がない場合はご利用いただけません。

駐車場について

  • 広場キャンプサイトご利用のお客様は広場の専用駐車場に来場順でご駐車いただきます。
  • コテージ、フリーキャンプサイトご利用のお客様は係員の誘導に従いご駐車ください。
  • エリア内での車の移動は必ず徐行でお願いします。
  • ご駐車後のお車の移動は閉場までご遠慮ください。また再入場はできかねます。
  • 日帰りのお客様の駐車場はご用意できかねます。ご了承ください。

送迎バスについて

ご利用のお客様は乗り遅れのないようお願いいたします。送迎バスは20日の行き1便、帰り2便、21日の帰り1便です。

20日
JR武生駅発 10:30 
八ツ杉発 19:30/21:00
21日
八ツ杉発11:00

※変更の可能性あり

CONTACT

ご不明点等ございましたら、下記までお問い合わせください。
またメディアの方からのお問い合わせも下記からよろしくお願いいたします。

ATTENTION

注意事項について

ご参加のみなさまへ

  • ご家族での参加大歓迎です。小さなお子様連れの方は保護者が責任を持って同行ください。必ず目を離さないようにお願いします。中学生までのお子様は無料です。
  • ペットは同伴できません。
  • 日中は天候により日差しが強くなります。熱中症に気をつけて水分補給をしっかりしてください。お酒の飲み過ぎにもご注意ください。
  • 夜は冷え込みますので、風邪を引かぬよう防寒具を忘れずにお持ちください。
  • 夜は足元が暗くなるため懐中電灯など灯をご持参ください。
  • 基本飲食物を持ち込みいただけますが、ゴミは各自お持ち帰りください。
  • 喫煙は専用エリアでお願いします。
  • 飲食ブースなど各ブースの営業は20日のみです。
  • ご宿泊の方は必ずキャンプチケットをご予約ください。車内泊はご遠慮ください。

キャンプサイト、コテージのご利用について

  • ご利用は、9月20日 11:30~21日11:00までです。
  • 当日は、係員の指示に従って所定の場所にテントを設営して下さい。
  • テントの設営場所、コテージ場所は来客順となります。
  • フリーエリアのお客様はエリア内にて譲り合いながら設置ください。
  • 水場やトイレはみんなの場所です。次の方を思いキレイにご利用ください。
  • 水場でBBQや調理、食事で使った食器を洗う際は、残飯などの汚れを必ず拭き取ってからご利用下さい。
  • 直火禁止です。火を起こすときは必ずバーベキューコンロや焚火台をご使用ください。

日帰りでご来場者のお客様へ

  • 送迎バスのご利用は事前にチケットをご予約フォームよりご予約ください。
  • 発車時間に乗り遅れがないようお願いいたします。
  • 日帰りのお客様への駐車場のご用意はございません。ご了承ください。

注意事項

  • 本フェスティバルは雨天開催ですが、悪天候による出演時間の変更や出演者のキャンセル等にともなうチケットの払い戻しなどはいたしませんので、ご了承ください。
  • 主催者が運営などに支障をきたす、または来場者の安全確保が必要と判断した場合、その告知時期・方法に関わらず、やむをえず運営上のルールを変更する場合がございます。
  • 入場チケットを会場にてリストバンドと交換いたします。リストバンド引換え後はリストバンドが、お客様の購入証明となります。リストバンドはお帰りになるまで絶対に外さないで下さい。
  • 入場チケット・リストバンドの再発行はいかなる場合でも一切致しません。紛失した場合は、ご退場いただくか、再購入していただきますので、取り扱いには十分ご注意下さい。
  • チケットご購入後の変更・キャンセルは一切お受けできません。また、払い戻し対応もお受けできません。
  • ご購入前に必ず各注意事項をご確認の上、購入下さい。
  • 過度の飲酒による泥酔には十分にご注意下さい。泥酔者は強制的に退場していただく場合もありますので十分にご注意下さい。
  • 不正入場が発覚した場合、理由の如何にかかわらず、身柄を警察に引き渡します。また、それにともなう損害賠償を請求いたします。
  • 近隣の住民の迷惑になる行為は絶対におやめ下さい。
  • 会場内に花火等の火薬類、その他法律で禁止されている物の持ち込みを禁止します。
  • 会場内・外で発生した事故、盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。
  • 会場内・外において、係員の指示に従われない方、また、泥酔、危険行為など、他の方の迷惑になる行為を行なう等の方は強制的に退場していただきます。その際のチケットの払い戻しは一切行ないませんので予めご注意下さい。
  • 会場内にカメラ・ビデオカメラ等持込みは可能ですが、出演アーティストの撮影は禁止です。また、録音機器の場内への持込みは一切禁止です。
  • 喫煙は必ず所定の場所でお願いします。
  • ゴミのポイ捨てはお止めください。ゴミは各自持ち帰ってください。
  • 会場内はずべてのエリアで直火禁止です。バーベキューコンロや焚火台をご使用ください。
  • 本イベントでは撮影された写真や映像がWEBなどに単発・継続的に使用されることがありますので、ご了承下さい。